サイトからオナ電相手を見つける

出会い系サイトは大勢の人が利用しています。そのため、その中から自分の理想の相手を探し出す事はとても大変な作業です。
しかし、だからといって簡単に諦めてしまわずに、長期戦で探しているはずです。
そして、苦労して理想の相手と巡り会えた時には大きな喜びに包まれるでしょう。

しかし、喜ぶのは少し待って下さい。出会い系サイトでは相手を見つける事が目的ではありませんよね。
理想の相手を見つけて、その相手とオナ電をする事が目的のはずです。
つまり相手を見つけた時点ではスタートに過ぎません、むしろそこからがさらに大変だと言えるでしょう。

とにかく理想の相手に嫌われてしまったら大変なので慎重に行動に移しましょう。
相手がどんな性格なのかも分からないので全くの手探りな状態で相手の警戒心を緩めて、こっちに好意を持ってもらわなければ
いけません。徐々に距離を縮めていき、距離を縮める事に成功したら、今度はどうやってオナ電へ話を持ち込むかが
大切です。急にはテクニックは身につかないものなので、理想の相手に出会う前から準備としてで出会った女の子相手に
どんなふうにオナ電に話を持ち込んだら抵抗が少ないか練習をしてみるのもいいでしょう。
何しろオナ電は慣れが必要です。練習を積んで、理想の相手に望みましょう。

オナ電の別名テレフォンセックスの言葉の語源について少し調べてみましょう。セックスの語源がギリシャ語で「切り離す」ラテン語で「分ける」という意味で、
これは男女が1人の存在だったのが、神によって2人に分けられたので、1つにもどろうとする行為がセックスだと考えられています。
この手の神話は世界各国のいろんな時代で共通して認識されている話です。

そして、テレフォンは合成語で、ギリシャ語のフォン・音という意味の言葉に接頭語のテレが前についた形です。
接頭語のテレは遠くまでという意味があるので、テレフォンで遠くの音を届けるという意味になります。
今では遠くの音を届ける機械として電話そのものをテレフォンと呼ぶようになりました。

電話の発明の歴史は古く、最初の発明は電話の父・グラハム・ベルが豚の腸の膜を利用し音声を電流に変える装置を作りました。
この発明によって音声を電気信号に変換する事に成功しました。そのため電話の音をベルというようになりました。

しかし、豚の腸の膜ではなかなか普及する事は出来ません、現在の電話の形にしたのはエジソンです。エジソンが炭素式マイクロフォンの
発明に成功しました。そして現在では固定電話から、携帯電話になり、さらにインターネット電話へと進化を遂げていますが、
原点は何1つ変わりません、語源のとおり、遠くの音を伝える事がテレフォンです。

オナ電の相手を探す時にスカイプでやり取りが出来る事はアピールの手段になります。
スカイプはネット回線を使っているので、通話料がかかりません。またIDを入力するだけでいいので、電話番号を教える必要はありません。
女性にしてみれば、オナ電をする相手に自分の個人情報をなるべく教えたくないと思っているので、そうゆう面でも
スカイプの方が女性も安心して使う事が出来るでしょう。

ですから、掲示板のカキコミにも「スカイプで遊びませんか?」とカキコミしてみましょう。きっと返信があるはずです。
その募集の時に一言付け加えるとしたら、声をアピールする事です。「低音でいい声だとよく褒められます」など書いてみて下さい。
オナ電ではいくら容姿がいい事をアピールしてもあまりアピールにはなりませんよね。

音と声だけのやり取りなので、顔がいいよりも声がいい事の方が重要なのです。
それにオナ電を望む女性は声フェチの女性が多いというデータもあるぐらいですから、声をアピールする方が効果的です。
スカイプは電話の機能だけじゃなく、テレビ電話の機能もありますが、
映像に関して言えば賛美両論です。見れる方が刺激的だという人もいてますが、見えないからこそいいという人もいるでしょうから
その辺は2人で相談して下さい。